女性専用がん保険は年齢ではなく早期加入を

女性専用がん保険は年齢ではなく早期加入を

女性専用がん保険は年齢ではなく早期加入を がん保険でも女性特有のがんも対象にした、レディースプランなど女性専用のがん保険があります。
特に乳がんは日本女性の発症率が高っくなっています。30歳から50歳代にかけて多くみられますが50歳代以降は減少する傾向にあるようです。

乳がん発生は女性ホルモンが深く関係していると考えられていますが、生活環境や遺伝にもよる場合があり、女性なら誰でも発生する可能性があると言えます。
医療保険にプラスできる女性専用のプランもありますし、がん保険の女性専用という商品も単独であります。中には一般的ながん保険にも乳がん治療が含まれている場合や、治療だけでなく乳房再建給付金なども含まれたプランがあります。

他には女性特有のがんには子宮で発生するものがあります。子宮頸がんは20歳代や30歳代の若い人でも発生していますし、子宮体がんは40歳代から60歳代に多くみられます。

がん保険は各社それぞれ個性あるプランを用意しています。大きく分けると5年、10年定期で更新するタイプや終身契約のタイプです。終身タイプでも一部の内容だけ10年更新にしている場合もあります。入院や通院は日数制限が無い場合も多く、保険料もそれぞれ異なります。
がんと診断された場合給付金が1回だけの場合から回数無制限の場合もあり、プランにより異なりますのでご自身に合ったプランを見つけつる事が大切です。

最新記事